2008年03月21日

訂正


訪問記(中)の数値について再確認いたしました結果、下記のように数字を訂正いたします。

(1) パッシブハウスにするための最初の概算計画では15%の予算オーバーとなった。
しかし、実際の実行予算では10%の増加に抑えられた。

(2) 削減できた年間冷暖房は、次世代基準値の数値を厳密に計算したわけではない。
したがって削減額が500万円と断言は出来ない。数百万円という表現が正しい。
そして、パッシブハウスにした分の償却が3年間で済むとも言いきれない。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。